リストを活かすベし!!

DMは特定の相手に直接アプローチができますが

相手選びを間違えると、効果は大きく左右されてしまいます。

その為、DMを成功に導くためには

お客様リストの有無と制度が非常に重要です。

リストは自社所有リスト(ハウスリスト)と外部リストの2つがあります。

リストの価値は新しさ・正確さ・内容の詳細さなどによって決まるので、常に最新状態にクリーニングしておかなければ価値のないデッド・リストになってしまいます。

定期的にリストの見直しを行い、修正等は速やかに行いましょう。

ターゲットを明確にするべし!!

DMは企業にとっての関係性やステータス、購買履歴などに応じ、

さまざまなターゲットに向けて利用されています。

ターゲットを把握すべし!!

「誰に」「いつ」「どんな内容で」「どんな特典を付けた」DMを送るのかを、整理することが第一。

DMを作る側の視点だけではなく、受け取る側の視点から客観的にDMを見たとき、実行に行動したくなる内容を入れることが重要である。

ターゲットの氏名やポイント残高、保有商品、購買履歴などの個人情報の中から、それら一人一人に応じたメッセージや商品提案などのコンテンツを個別に作り分ける。

その精度が高い程、行動喚起に繋がりやすいと言えます。

数より質で勝負すべし!!

折り込みチラシは不特定多数の人にランダムに届くものです。

ダイレクトメールと折り込みチラシでは、間違いなく折り込み

チラシの方が安い予算で多くの部数を確保できます。

そして誌面の面積も広い場合が多いです。

しかし、新聞購読率は全世帯の70%以下、

ポスティングチラシも配布業者エリアによっては

50%~80%までしかリーチ出来ていません。

対してダイレクトメールはリストの属性や目的に合わせた

クリエイティブを100%届ける事が可能です!

だから、その効果は折り込みチラシよりも高いものです。

五感に訴えかけるべし!!

DMのコンテンツやメッセージは実際の「モノ」なので、

手で触れたり、サンプルで実体験できたり、保存性が高い

といったことが特徴として挙げられる。

言い換えれば、デジタルメディアでは難しい、

体験を伝えることができるのである。

デジタルメディアが機動的かつ効率的に「情報」を伝える

メディアであるのに対し、DMはリアルな「モノ」で

五感に訴える「体験」や「感情」を

伝えることのできるメディア

という位置づけができます。